梅子のスペイン暇つぶし劇場

毒を吐きますので、ご気分の優れない方はご来場をご遠慮ください。

裁きは終りぬ ~追撃編~ 

※本シリーズは、現在進行形の出来事を提供しているため、飛び飛びに更新しておりますこと、何卒ご容赦ください。 尚、シリーズがだいぶ長くなってきた上に、しかも今後さらにこの話が続いていきそうな予感を感じ得ない出来事が最近起こりましたので、本シリ…

スペイン カフェ・ストーリー

クサクサした内容の記事ばかり書いていたので、箸休めがてらに今日はカフェのお話。 あ、そういえば、以前書いていた「「ある海辺の詩人」という映画」の話が、まだ途中でした…。 後日書きましょう。(忍法・後回しの術。) このブログでもちょくちょく話す…

iLa iLa iLa

イライラが止まらない。 猫の助を思いっきりモフモフしてみたんだけど、おさまらない。 むしろ気持ち良く寝ていた猫の助までも、モッフモフされまくってイライラしてる。 なんでだろう、30超えたからかなぁ、イライラする! いとうあさこ往年のギャグ、渾身…

裁きは終りぬ ~反撃編~ 3

前回のお話「裁きは終りぬ ~反撃編~ 1」は、コチラ。 前回のお話「裁きは終りぬ ~反撃編~ 2」は、コチラ。 水曜日。 とうとうシュエが、ビクトルの弁護士に返事のメールを返した。 そのメールには、彼女の海外出張について詳細に書かれた、何ページにも…

裁きは終りぬ ~反撃編~ 2

前回のお話「裁きは終りぬ ~反撃編~ 1」は、コチラ。 思わぬマックスからの電話で、金曜の午前中に、シュエにbro-faxが届いたのを知った。 ビクトルと私は、してやった!という少しの爽快感と、でもシュエからすぐさま猛烈な反撃が来るんじゃないかという…

裁きは終りぬ ~反撃編~ 1

※本シリーズは、現在進行形の出来事を提供しているため、だいぶシリーズが続いております。 尚、前回までの記事につきましては、以下のリンク先をご参照ください。 前回までのお話「裁きは終りぬ ~決戦編~ 3」は、コチラ。 「生活スタイルが変わったから。…

裁きは終りぬ ~決戦編~ 3

前回のお話「裁きは終りぬ ~決戦編~ 1」は、コチラ。 前回のお話「裁きは終りぬ ~決戦編~ 2」は、コチラ。 水曜日の朝。 ビクトルが弁護士にbro-faxを送ってくれと頼んだ。 弁護士は、「了解。送り終わったら、連絡するわ。」と言った。 その後、私たち…

裁きは終りぬ ~決戦編~ 2

前回のお話「裁きは終りぬ ~決戦編~ 1」は、コチラ。 ビクトルの弁護士名義で、シュエにbro-faxという、法的な文書を送ることに決めたビクトル。 シュエに抗議と警告をするポイントは3つだ。 ポイント① 最近の海外出張の頻度が、度が過ぎている。 そもそも…

裁きは終りぬ ~決戦編~ 1

※本シリーズは、現在進行形の出来事を提供しているため、飛び飛びに更新しておりますこと、何卒ご容赦ください。 尚、前回までの記事につきましては、以下のリンク先をご参照ください。 前回のお話「裁きは終りぬ」は、コチラ。 前回のお話「裁きは終りぬ ~…

アーロンの偽証 後編

前回のお話(前編)は、コチラ。 前回のお話(中編)は、コチラ。 私とビクトルが書斎で話をしていると、子供たちはとっくに夕飯を済ませてしまったようだった。 1人、2人…とキッチンから出てきて、「パパ~!」とビクトルを呼びながら、書斎へ入って来た。 …

アーロンの偽証 中編

前回のお話は、コチラ。 我が家の次男エクトルのシラミ問題が解決しようとしていた、月曜日の夕方、何度も我が家に電話をかけてきていたのは、やはり、前妻シュエだった。 ビクトルと子供たちが床屋へ行く前に、ビクトルはシュエからメールが届いていること…

アーロンの偽証 前編

我が家の次男エクトルが、見事な丸坊主になって、彼のシラミ問題が晴れて解決した、先週の月曜日。 実はもう1つ別の問題の火種が、燻り始めた。 実は、この日(月曜日)の夕方、子供たちが学校から帰って来て、さぁ床屋に行こうかという時に、電話が鳴った。…

わがまま王子のシラミ退治 後編

前回のお話は、コチラ。 そして日曜日。 子供たちが帰って来る少し前に、ビクトルの携帯に前妻シュエからショートメッセージが届いた。 ビクトルも私も、なんだか嫌な予感がした。 シュエのメッセージはこうだった。 「エクトルの頭にシラミがいるなんて知り…

わがまま王子のシラミ退治 前編

今日は土曜日。 我が家の子供たちは、今頃、前妻シュエの家か、もしくはシュエの現夫マックスの実家で、くつろいでいることだろう。 シュエもマックスも、今週末は次男エクトルの変わり果てた髪型に、度胆を抜かされただろうか。 「あれま!可愛くなっちゃっ…

「ある海辺の詩人」という映画

※今日のお話は、人種差別と取られかねない発言が出る可能性があります。 読んで気分を害された場合、予めお詫びを申し上げます。 「ある海辺の詩人~小さなヴェニスで~」という、イタリアの映画をご存知だろうか。 ご存知なくてもご心配なく。 私も知らなか…

もうひとりの息子

「今週のお題」のお題が、もう間もなく変わっちゃうんじゃないか、すべり込みセーフできるかどうかの瀬戸際で挑む!! 「犬派?猫派?」 私は猫派。夫ビクトルも猫派。 ちなみに言えば、前妻シュエは、犬派のようである。 ちなみにちなみに、今までに知って…

今のママでいて 3

前回までのお話(1)は、コチラ。 前回までのお話(2)は、コチラ。 木曜日から、子供たちのイースター休暇が始まった。 休暇の初日は、午前中、ビクトルは、子供たちの宿題の世話やら何やらで忙しかったので、その時間、私は1人でママの家に様子を見に行っ…

今のママでいて 2

前回までのお話はコチラ。 いつだったか、ビクトルの友人が教えてくれた。 国民の平均寿命が長い国は、日本とスペインなんだとか。 日本は、高齢者の介護の問題が深刻だと、よく取り沙汰されるが、スペインでは、あまりそういう話を聞かない。 88歳のママ=…

今のママでいて 1

土曜日、いや、正確には日曜の朝方にかけて、長かったお祭りが終わった。 月曜から子供たちの学校が始まった。 木曜からは、今度はイースターが始まって、子供たちはまた2週間の休みになるけれど、とりあえず、お祭りの祝日休暇が終わった。 前半戦、終了と…

まつりのあさに

前回の記事でもお伝えしたように、私が住んでいるこの街では今、街全体がお祭りムードで賑やかだ。 先日、夫ビクトルの友人達の誘いで、食事に行ったのだが、その後、夜の街を歩いて、お祭り見物をすることになった。 スペインの夕飯時間は遅く、友人達とレ…

私の街は戦場のようだ

今月に入った途端から、それはすでに始まったのだが、今週に入ってから、私が住むこの街では、本格的にお祭りムードになってきた。 今週末の聖人の日がクライマックスなのだけど、この祭りが終われば、春分がやって来て、スペインにも春が来る。 この祭りに…

世界で一番誰が好き?

子供たちの学校のユニフォームは、体育がある日は、学校のロゴが入っている指定の運動着とスニーカーで、それ以外の日は、これまた学校のロゴ入りのポロシャツとセーターにスラックス、そしてローファーだ。 長男アーロンも次男エクトルも、同じタイミングで…

裁きは終りぬ ~弁護士と再会編~

前回の記事を書いてから、だいぶ時間がたってしまったが、現在進行形の話題なので、シリーズとしてこれからも取り上げて行こうと思う。 前回のお話は、コチラ。 先週の金曜日、夫ビクトルが、弁護士に会ってきた。 1年ぶりの再会だ。 この弁護士には、ビクト…

エクトル再び頭痛

今日のお話は、ご覧ください。タイトルのとおりです。 これからこの話を思い出して文章に起こすのかと思うとガッカリしちゃって、それだけで生気を吸い取られる気分ですが、頑張って書いていこうと思います。 はぁ~、やれやれ。 一昨日の日曜日は、あの、我…

ビクトルの友人達

夫ビクトルの、友人との付き合い方は、“狭く・深く”だ。 私もそうだ。 ま、つまり、2人とも友人は少ないということだ。 そんな、数少ないビクトルの友人の中に、小学校時代からの幼馴染みグループがある。 私が彼らに知り合ったのは、結婚前の、私がまだ旅行…

我が家のおバカで楽しい言葉事情

「今週のお題」が“方言”だったので、地方出身の端くれとして、今回も果敢にチャレンジしたいと思う。 私は、東北の雪国出身なので、方言や訛りの中で育った。 その後、東京へ上京して、いっちょまえに標準語で学生生活→社会人生活を送ったが、やっぱり生まれ…

路肩の中心で、馬鹿とさけぶ ~翌日編~

前回までのお話はコチラ。 昨夜の出来事が起きた後、私とビクトルは、早々に就寝…なんてできるはずもなく、私はブログを書き、ビクトルは刑事事件の弁護士をしている親友にメールを書いた。 それぞれ書いている間も、出来事を振り返りながら、時折2人で話し…

路肩の中心で、馬鹿とさけぶ

今週見損ねていた「相棒」でも、ネットで見ようかと思っていたのに、どうやら今夜もおあずけだ。 つい今しがた、ブログに書かなくてどうする!ってぐらいの、ホットなネタが舞い込んできたので、この時間は急遽、「相棒」ネット観賞を変更して、この記事を書…

裁きは終りぬ

夫ビクトルの前妻シュエが、来月からまた、海外出張に出かける。 今回の期間は、1ヶ月間。 帰って来るのは、4月に入る。 ここスペインの我が街では、来月の半ばに約1週間、学校が祝日休暇になり、今年はその直後にイースター休暇が始まって、また2週間ほど学…

となりのトトロ の水筒

我が家の次男エクトルは、怒りんぼだ。 加えて、超ド級の我儘だ。 父、ビクトルは怒ると怖いので、ビクトルには服従だが、それ以外の人間は、皆、自分の召使いだと思っている。 非は一切認めない。謝らない。 私が叱ると、負けずに立ち向かってくるが、ビク…