読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅子のスペイン暇つぶし劇場

毒を吐きますので、ご気分の優れない方はご来場をご遠慮ください。

エステバン ベネチアへ行く 3

【日々のくらし】

前回までのお話(1)はコチラ

前回までのお話(2)はコチラ

 

母親の死後、母親が住んでいた家は、息子であるエステバンに相続された。

 

「嫌な思い出ばかりだから。」と、彼がそこに住むことはなかった。

彼は現在、その家を同じ世代の学生たちにシェアハウスとして提供している。

 

だけど、学生たちの家賃の支払いは不真面目で、建物の扱いが悪い。

エステバンはこの家の賃貸について、常に何かしらのトラブルを抱えており、今はビクトルに会う度に「あの家を売りたい。」とこぼす。

「今家を売るのは賢くない。この国の経済もまだまだ悪いし、貸す人を選べば、そんなにトラブルを抱えることもなくなる。微々たる家賃収入でも、社会人になった時のために、少しでも収入はあった方がいい。」と、毎回ビクトルが助言しているけれど、彼があの家を手放すのは、そう遠くないだろう。

 

私がエステバンを見る限り、「やっぱりまだまだ学生。あまちゃんだな。」と、時々思うこともある。

でもそれはほんとに時々のことで、大概は、私なんかよりもずいぶんしっかりしていて、自立心の強いクレバーな子だと感じる。

 

私とビクトルの結婚当初、前妻シュエに悩まされていた時は、たくさんの友人達に助けられたけれど、エステバンも私たちを大いに励まし、救ってくれた1人だ。

先週末の日曜の出来事(詳しくは前回の記事をご覧ください。)も、言ってみれば、よその家のくだらない揉め事なのに、彼はすぐに助けに来てくれた。

 

エステバンもまた、母親との過去があるから、アーロンやエクトルの立場もよく理解している。

「もし、シュエが子供たちにこう言ったら、もし、私たちが子供たちにこういう態度を示したら、子供たちはどう反応すると思う?」といったような質問をして、もう何度エステバンに助言を求めたかわからない。

 

でも時々思うのだ。

たとえ自分の母親が、どうしようもない毒親だったとしても、でもやっぱり、子供にとって母親は母親。

かけがえのない存在だと思う。

 

私はエステバンにこんな質問をしたことがある。

 

「それでもやっぱり、時々お母さんを恋しく思ったりしない?」

 

この時の、エステバンが言った言葉は、今でも忘れられない。

 

「僕の母さんとの思い出は、僕にとって、もう悪夢でしかない。今でも時々、あの時のことを夢に見て、汗びっしょりで飛び起きることがあるんだ。あの夢から解放されたいけど、きっとずっと見続けるんだろうなぁ。」

 

エステバンが過去の思い出を夢に見て悩まされていることは、ビクトルも知らなかったことだった。

 

 

さて、タイトルの本題に入るまで、実に2つもの記事を長々と書いてしまったが、エステバンが今週の土曜日から、イタリアのベネチアへ3か月間留学することになった。

彼が取得している奨学金の1つに、ベネチア留学が義務付けられていたらしい。

 

「飛行機のチケットは取ったのか?住む場所はもう決まってるのか?留学用の奨学金はもう支払われてるのか?」

ビクトルがまるで父親のように心配した。

「実はまだ奨学金が出されてないんだよ。まいっちゃうよ。だからとりあえず飛行機代は自腹で予約したんだけど、住む場所がまだ決まってなくてさ。」

へへへと笑いながら、あっけらかんと話すエステバン。

彼の日頃は、こんな感じだ。

 

私もつい母性が働いて、実家の母のような心境になり、彼のために食べ物や薬を準備しようかと思ったが、すぐに思い留まった。

イタリアとスペインじゃ、日本に比べたら、食も文化も大して違わない。

ここスペインで買える物は、よっぽどの拘りがなければ、ヨーロッパ全土で売られているような物ばかりだ。

米も調味料もチョコレートも、同じメーカーの物だって、きっと簡単に見つけることができるだろう。

念のためこのことをビクトルにも話したが、案の定、「心配しすぎ!」と大笑いされた。

 

先週の日曜日に、彼に我が家に来てもらった際、私はスペインの代表的な家庭料理の1つであるcocido(コシード)を振る舞った。

Cocidoは、スペイン版のおでんのような鍋料理だ。

いつもはオリジナル度満載の日本料理を振る舞っていたが、今回は、スペイン料理にした。

しばらくスペインの家庭料理は味わえないから、今のうちにガッツリ食べておきなさいと、義叔母からのせめてものはなむけだ。

エステバンは「美味い!梅子のcocido、とっても美味いよ!すっかりスペインのおふくろの味を覚えたね。」と言って、モリモリ食べてくれた。

とても嬉しかった。

 

ベネチアのゴンドラ、30分で80€だって!乗る時はボッタくられないようにね。」

「オリーブオイル、気を付けて。輸入物のオリーブを原産国偽ったり、薬品で色変えて輸出してたって、この前、日本のニュースで読んだから。スペインから持ってくといいよ!」

などと、食事中はイタリアの話をして盛り上がった。

 

甥っ子とはいえ、たった3か月とはいえ、身内が離れるのは少し寂しい。

彼がいない間、彼がいてももちろんの話なんだけども、私も先日以上のヘマをして、前妻と揉めないようにしなくては。

 

エステバン、気を付けて行ってらっしゃい。

 

 

■本記事シリーズのタイトルは、映画「ジェイムズ聖地(エルサレム)へ行く」(2003年公開、イスラエル)をモジって使わせていただきました。

本シリーズの内容と映画は、一切関係ありません。