読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅子のスペイン暇つぶし劇場

毒を吐きますので、ご気分の優れない方はご来場をご遠慮ください。

ゴーン・“チャイニーズ”ガール 1

【前妻のこと】

ビクトルの前妻シュエについては、
本当は「シュエとは…」みたいなところからちゃんと順序立ててじっくりこのカテゴリーを作り上げていきたかったのだけど、そういうこと、待ってくれないのが彼女だ。

まあね、わかっちゃいたよ。

いつまでもちんたらしてこのカテゴリーを立ち上げなかった私が悪いんだよ。

 

記念すべき「前妻のこと」カテゴリーの第一弾は、
イントロダクションも何もかもすっとばして、先週末の出来事を早速書きたいと思う。

 

後ほど改めて、別カテゴリーにて、スペインの子連れ離婚事情について、詳しく書きたいと思っているが、とりあえず、我が家の事情を簡単に説明すると、ウチの子供ら(アーロンとエクトル)は、平日(日曜の夜~金曜日の朝)までは、我が家(ビクトル家)で過ごす。

金曜日、学校が終わると、前妻シュエ、もしくはその夫マックスが学校へ子供らを迎えに来て、そのまま彼らの家に行き、週末はシュエの家、もしくはマックスの実家で過ごす。

日曜日の夜に、シュエとマックスは子供らを我が家まで送ってきて、ビクトルと交代。

…というシステムになっている。

 

日曜の夜は、通常ならば、シュエとマックスが、マックスの車で子供たちを連れてくる。

だが、たまにそうじゃない時もある。

 

先週末の夜は、まさしく“たまにそうじゃない時”だった。

彼らはタクシーで帰って来た。

 

ところで、趣味の悪い話なんだけど、毎週日曜の夜、私はいつも子供らが帰って来る時間帯になると、寝室の窓からこっそり、彼らが帰って来るのを見ているのが習慣になっている。

日曜日は、日が落ち始めるといつも、緊張してソワソワしてくる。

シュエがもうすぐ我が家まで来ると思うと、落ち着かなくなって、胃が痛くなることもしばしばだ。

そんな緊張感から唯一解放されるのが、“彼らが来るのを窓からこっそり見る”ことなのだ。

 

先週日曜日の夜も、寝室の窓からこっそりと外の通りを眺めて、子供らが帰って来るのを待っていた。

いつもなら、マックスの黒い車がスイーッとやって来るのだけど、この日は待てども待てども、黒い車は我が家の前に停まらなかった。

そうこうしているうちに、マンション下のゲートのインターフォンが鳴った。

「そうか。今日はマックスの車じゃないんだ…。」と思った。

 

いつものように、ビクトルがインターフォンに対応し、下のゲートを開けて、子供らに上がって来るよう伝えていた。

伝え終るのを見計らって、私は「今日はマックスの車で帰って来なかったみたいよー」とビクトルに伝えた。

 

子供らが上がって来て、ビクトルが子供らを迎え入れる。

私も何事もなかったように笑顔で玄関に向かい、子供らに「おかえりなさーい」と言う。

子供らは笑顔だった。

 

さて、どうして今日はマックスの車で帰って来なかったのか、どうやって子供らに聞き出そうか。

子供らの服を着替えさせている間、私は考えていた。

 

ビクトルは、上の子アーロンと宿題のことや、今週控えているテストのことなんかを話していた。

私は下の子エクトルをパジャマに着替えさせ、彼の手や足にクリームを塗っていた。
(この季節は乾燥が激しく、エクトルはいつも尋常じゃないほど肌が荒れる。)

 

つたないスペイン語で、いかにもスペイン語の練習をしてるように見せかけて、エクトルに聞いた。

「ところで今日は、マックスのママの家から帰って来たの?」

私の間違ったスペイン語を正しながら、エクトルが答えた。

「違うよ。僕のママの家から帰って来たの。」と。

 

「違う」という言葉をもらえば、もうこっちのもんだ。

「え?そうなの?」と驚いたふりをして、どんどんエクトルを喋らせることができる。

 

私→「じゃあ、今日はマックスの車で帰って来たの?」

エクトル→「ううん。タクシーで帰って来た。」

私→「あらま!なんで?」

エクトル→「まーたママとマックスが喧嘩したからさー。」

エクトルがはにかみながら、両手の指をバッテンに交差して喧嘩のゼスチャーをする。

内心は「やっぱりな」と思いながら、「あらまー!またやっちゃったか!」と、私も笑って答える。

 

私→「じゃあ、今日は中国語のレッスンに行かなかったの?」

エクトル→「行かなかった。」
(※子供らは、通常ならば毎週末をマックスの実家で過ごし、土日は中国人が開いている中国語教室に通っている。)

 

ちょうどこの時、私たちの会話がビクトルの耳に入ったようで、「エクトル!なんだって?今日は中国語のレッスンに行ってないのか?」と、ビクトルが私たちの会話に入って来た。

エクトルは、今私に答えていたことを今度はビクトルに説明し始めた。

その隙に、私は今度はアーロンに「じゃあ、今日だけじゃなくて昨日も中国語のレッスンに行かなかったの?」と聞いてみる。

「そうだよ。今週末はずっとママの家にいたから、中国語のレッスンには全然行かなかったんだ」とアーロンは答えた。

 

そこからは、ビクトルの出番だった。

ビクトルは、アーロンとエクトルに週末何が起きたのかを聞いた。

子供らはまるで争うかのように、週末の出来事を話し始めた。

 

子供らの話を聞いて、とりあえずビクトルと私がしたこと。

絶句だった。

 

続きはコチラ